天然水とろ過水はどう違うの?

あなたは水に対して、どのようなこだわりのようなものを実際に持っているのでしょうか?

ウォーターサーバーのことについて調べていきますと、水と一言で言ってもいろんな種類があって、そこの選び方でどうしようかと迷っている場合もあるかもしれませんね。実際には大きく分けますと水は2つに分かれて、1つが天然水になり、もう1つがろ過水(RO水)になります。

天然水に関しては、その名の通り自然にある水になるため、必ずどこからか採水していることになるわけです。もちろん安全にも気をつけて必ず確認を行っていますので、その点は安心して飲むことができるようになっています。

そして2つ目の方は人工的に作られた水になっていて、主に水道水を高精度のろ過装置でキレイにしたもの。これを聞いてあなたはもしかしたら、浄水器でも問題ないのでは、と実際に思われたかもしれませんね。しかし、そのろ過性能は明らかに違うため、あわせてこちらは使うたびにその性能はどんどんと落ちていってしまうのです。そのため、安定した水を求めるのであれば、やはりウォーターサーバーにかなうものはないわけです。

天然水

天然水は自然の皮から実際に採取している水をきれいにしたものです。採水地によって含有しているミネラル分に違いがあります。例えば、富士山だったらバナジウムが多めの水になっています。

天然水は人工的に作られた水ではないので自然の甘みがあり、まろやかさとコクがあります。そのまま水を飲んだ時よりも、料理に使用した時にその違いがわかりやすくなる気がしますね。あとはミネラル分がたくさん含まれていること。

すぐに健康的になるような目に見える効果があるほどではないですが、毎日飲む水だからこそ少しずつでも体によりものを、と考えれば天然水のほうがちょっと割高になりますが飲む意味はあると考えて良いでしょう。

RO水

RO水は水道水を濾過したものです。特にRO膜で濾過された水は放射性物質の分子よりも小さな膜で濾過するため、セシウムなどの物質をも通しません。これだけ細かい膜で濾過するので栄養分も全て取り除かれてしまいます。そこで濾過した水に人工的にミネラルを加えたものになります。「デザインウォーター」と呼ばれることもあります。

風味や栄養分は天然水には及びませんが、何よりも安全というのが売りです。ほぼ純度100%に近いので味の邪魔をしません。赤ちゃんはミネラル過多になってしまう恐れがあるので、天然水よりは純粋でミルクを溶かしたほうが良いとされています。ミルクの溶解率も高く、すぐに溶けるのも特徴です。忙しいママさんには助かりますし何よりも安心して赤ちゃんに飲んでもらえる水ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ